082-884-2566

〒731-4311 広島県安芸郡坂町北新地2丁目3-10

医療機器管理室

特色

当院では医療機器管理室を設け、先進医療に関わる高度医療機器の専門的知識、技術を有効に活用し、安全な医療と質の向上のためチーム医療の一部門として他部門と協調しながら、医療技術サービスを提供しています。
現在は3名の臨床工学技士で業務を行っており、人工呼吸器、血液浄化装置、補助循環装置等の医療機器を扱うスペシャリストとしてチーム医療に貢献しています。

取得資格

  • 第1種ME技術者 1名
  • 第2種ME技術者 3名
  • 臨床ME専門認定士 1名
  • 透析療法認定士 1名
  • 3学会合同呼吸療法認定士 3名

業務内容

医療機器管理業務

先進医療を支えるためには、高度医療機器は欠かせません。
輸液ポンプ、シリンジポンプ、人工呼吸器などの機器は、医療機器管理室で貸出・返却を行なう中央管理体制をとっており、常にベストの状態で安全に使用できるように保守、点検を行っています。その他の機器に関しても、病棟ラウンドを行い、定期的に点検を行っています。
また、機器を安全、正確に使えるように、使用方法等の院内教育なども行っています。

心臓カテーテル業務

心臓カテーテル室では、冠動脈造影や心内圧測定などの検査や心筋梗塞などに対する冠動脈インターベンション(PCI)を行っています。
臨床工学技士は、ポリグラフを操作して心電図や心内圧など各種生体情報のモニタリング、記録、解析、データ管理を行います。PCIの際には血管内超音波装置(IVUS)の操作、必要なときには除細動器、体外式ペースメーカ、IABPなどの機器の操作等も行っています。

ペースメーカ業務

当院では、心臓カテーテル室においてペースメーカの植込み、交換も行っています。臨床工学技士はペースメーカプログラマを操作し、術中にペースメーカ、リード線に問題がないか等を点検しています。
また、ペースメーカ植込み患者さんは、定期的にペースメーカのフォローアップが必要となりますが、当院ではペースメーカ外来を設け、臨床工学技士2名体制で、そのフォローアップにも対応しています。
その他、ペースメーカ植込み術後の退院前チェック、ペースメーカが植込まれている方の他科手術時の立会い、臨時のペースメーカチェック依頼にも対応しています。

呼吸療法業務

人工呼吸器を常にベストの状態で安全に使用できるように保守、点検を行っています。
使用中の人工呼吸器については、動作確認の為に毎日(土、日曜日と祝日を除く)病棟を巡回し、点検を行っています。
また、当院ではNPPVといわれるマスク式の人工呼吸療法も行っており、気管挿管まで必要のない患者さんにはこちらの人工呼吸器を使用し、臨床工学技士が機器のセッティング、操作を行っています。

血液浄化業務

依頼があれば病棟に出向し、LCAP、GCAP、CHDF、腹水濾過濃縮再静注法(CART)等の各種血液浄化療法に必要な装置のセッティング、操作を行っています。

手術室業務

手術室には、麻酔器、電気メス、生体情報モニタなど多くの医療機器が存在しています。これらの汎用機器に関しては、定期点検を行い、部品交換や修理も行っています。
また、鏡視下手術時には立会い、必要な機器の操作、画像管理、使用器具の洗浄等を行っています。

その他

内視鏡検査や肝癌に対するラジオ波焼灼療法(RFA)時には立会い、必要な機器の操作及び点検等を行っています。
また、院内各所に設置されているAEDについても、定期点検、使用時のデータ抽出、消耗品の補充等の管理を行っています。

ページトップへ戻る